自転車用空気入れ!パナレーサーはおすすめなのか?

自転車に乗る人にとって空気入れは、
必需品の一つです。

一般的な自転車では、
タイヤに空気をしっかりと入れても、
時間の経過に従い自然に空気が抜けます。

そのため定期的に空気入れを使い、
タイヤに空気を入れる必要があります。

馴染みの自転車屋があれば、
定期的に自転車屋に行き、空気圧チェクを
してもらうのも良いでしょう。

近くに自転車屋があれば良いのですが、
そうでない場合、自宅に空気入れを
置いておくと大変便利です。

ここでは、自転車用の空気入れの種類と
人気のパナレーサー製の空気入れについて
述べていきます。

1:自転車用空気入れの種類

自転車用の空気入れの種類には大きく
分けて、2種類のものがあります。

・高圧タンク無し:
空気入れのハンドルを押した分だけ、
直接空気が入る一般的な空気入れです。

・高圧タンク有り:
高圧タンクにより少しの力で空気が入る
ので、頻繁に使用する場合に適しています。

また、空気入れには、空気を入れるバルブに
3種類のものがあります。

・英式バルブ
・米式バルブ
・仏式バルブ


バルブの図:

出典:自転車-チューブの種類と選び方

最近の空気入れには、
上記の3種類のバルブに対応している
空気入れが多くあります。

一般的な自転車(ママチャリ)は、
英式バルブの場合が多いです。

クロスバイクやマウンテンバイク
などのスポーツタイプの自転車には、
米式や仏式タイプのバルブを採用している
ものがあります。

空気入れを選ぶ際は、
まず自転車のバルブの種類を
確認しておく必要があります。

その上で、使いやすい空気入れを選択
すると良いと思います。

2:パナレーサー製の空気入れを購入使用した感想

ここでは、私自身が自転車用の空気入れ
を検討して、実際に購入したものについて
述べて行きたいと思います。

2-1:パナレーサー 空気入れ 楽々ポンプ エアゲージ付を選んだ理由

私が普段使っている自転車は、
マウンテンバイク(MTB)で、
バルブは英式バルブでした。

そのため、以下の条件を満たした空気入れ
を選ぶことにしました。

・英式バルブに対応している
・楽に空気を入れることができる
・エアゲージ(空気圧計)が付いている
・英式/米式/仏式バルブの3種類に使える

自転車用フロアポンプの
Amazon売れ筋ランキングでは、
パナレーサー製の空気入れ(エアポンプ)が
いくつも並んでいたので、その中から
選ぶことにしました。

これまで使っていた空気入れは、
古いタイプの少し力が必要なものでした。

空気入れには、空気圧が管理できる
エアゲージが付いているものがあることを
知り、その中から楽々ポンプ ゲージ付き
を選びました。

その際、購入者の評判や感想を読んだ
ところ、良い評価をしている人が多かった
ことが、購入する決め手になりました。

実際に購入した空気入れは、
「パナレーサー 空気入れ 楽々ポンプ エアゲージ付
米式/英式/仏式バルブ対応 イエロー BFP-PGAY1-LH」
を選びました。

 

2-2:パナレーサーの空気入れの評価と感想

パナレーサー「楽々ポンプ エアゲージ付」は、
価格的にも比較的購入しやすいものでした。

バルブが英・米・仏式の3種類の口金
に対応しているので、自転車を買い替える
場合でも問題無く使えるのも良いですね。

米式用の口金

仏式口金アダプターが収納されている

仏式口金を米式口金に取付けた様子

英式口金クリップ(米式口金にクリップを取り付ける)

実際に使用した感想:

・空気入れ自体が軽いのですが、
必要以上に力を入れなくても
軽々と空気を入れることができる
という点が嬉しいですね。

・エアゲージがあるので、
タイヤの空気圧を確認しながら
空気を入れることができるのも
良い点です。

・本体色がイエローとブラックのものが
ありますが、今回はイエローのものを
選びました。

イエローだと多少暗がりでも目につきやすい
のが良いです。

3:まとめ

今回、初めて購入したパナレーサーの空気入れ
について述べてきました。

実際に購入したのは、
パナレーサーの「楽々ポンプ エアゲージ付」
というものでした。

これまで持っていた空気入れは、
かなり古く比較的腕力が必要なものでした。

商品名の通り軽い力で押すだけで、
空気が入ってくれるのは嬉しいです。

しかも、空気圧を数値で確認できるので、
空気の入れ過ぎを防ぐこともできます。

今後、違う自転車に買い替えた場合でも、
3種類のバルブに対応しているので、
長く使えそうです。

今回の記事があなたの自転車ライフに
少しでもお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です